グロック

漫画家にやさしい拳銃、GLOCK17。
単純な形でしかも線が少ない。ドリームバスターで主人公が持つ
S.A.Aの半分以下の時間で描けます。
でもちょいとカスタムすればこの通り、え~もうちょっと描くの簡単なのにしましょうよ~
とアシスタントさんに言われる事うけあいです。

と強引に漫画と絡めてみました。
東京マルイのGLOCK17がベースです。
マガジンウエル(下の画像、グリップ下のコの字に見える奴。マガジンを
入れやすくするパーツ)
マガジンバンパー(マガジン底の取っ手みたいな奴。マガジンを地面に落としたときに
クッションの役目をするパーツ。見た通り取っ手としても使えます)
この2つのパーツは効果絶大で、マガジンの出し入れがとてもスムーズになります。
ライトは画像のシュアファイアよりITIやストリームライトの方が使い勝手はいいかな。
バッテリーカバーリリースボタンが樹脂製で欠けやすいので、金属製に改めて欲しいところ。
resize0040.jpg
BTCのカスタムGLOCKが欲しいと感じる今日この頃です。

2009年01月31日 | Comments(4) | Trackback(0) | GUN
コメント
重量感がたまらんばい
あまりエアガンやモデルガンで遊ぶのに長続きしない方なんですけども、知り合いがのを持って重量感なんかを感じると「いいなぁ」思ってしまいます。
でも使って遊んだりする手段が思いつかないので買うまで踏み出せ無いんですけどねw
白壊 URL 2009年01月31日 22:36:45 編集
敷居が高い
と言いましょうか、人目も気になりますし、手を出しにくい世界ですよね。
まずは好きな映画の漫画やアニメの登場人物が持ってる奴を買うってのが
一番いいきっかけじゃないかと思います。

おもちゃとはいえ実際に自分で手にして、時にはまねしてみたりすると、
役者の努力、描いた人の工夫といったものが少し見えてきます。
スポーツ観戦や音楽でも、ただ見るより一度体験してみた方が
より深く楽しめるってのに近いといえば分かりやすいでしょうか。

そんなわけで白壊さんもさあ、暗黒面へ。
中平 URL 2009年02月01日 11:42:06 編集
No title
グロッグは確かにスマートなデザインでいいですね。
>>白壊さん
僕はエアガンを漫画の資料で購入→兄貴がGUNKATAの真似をする→甥っ子(4歳)のおもちゃになる。ととてもエコな潤滑で15丁ぐらい購入してます(笑)
waihiro URL 2009年02月01日 14:07:57 編集
おおう
waihiroさんも結構な購入歴ですね。
ガン=カタといえばご存じかもしれませんが
エルフィンナイツプロジェクトってガレージキットメーカーから
ベレッタをクラリックガン風にする外装パーツが出てまして。
振り回せるほど部屋は広くないので、手に入れるべきか悩んでおります。
中平 URL 2009年02月01日 22:07:23 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード