折りたたみ自転車の修理

十分休んで体力も回復したので、折り畳み自転車の修理です。
CarryMeという台湾製の自転車。

PC062601_R2.jpg

↑黄色の丸で囲んだ部分の樹脂製ワッシャーを交換します。

P6123187_R.jpg

↑交換前の状態。

P6123194_R.jpg

↑リング状のワッシャーとか思っていましたがこんな形のモノでした。
ナイロンブッシュですね。今回はこの自転車の専用品を使いましたが
ホームセンターを探せば同じものが安く手に入るかもしれません。
左が新品で、他は自転車から取り外したもの。
ボロボロです。完全に消耗品ですね。適時交換が必要っぽいです。

P6123193_R.jpg

↑古いものを取り外して圧入します。
やらなくていいと思いますが、一応シリコングリスを薄く塗っておきました。

P6123201_R.jpg

↑交換完了。作業時間は90分ほどでしょうか。
あとは2~3日乗ってみて、ボルトの緩みなどチェックして修理完了です。
フレーム全体の工作精度はなかなかなもののようで、
分解組み立てはストレスなく行えました。
いい自転車だ。ママチャリより遅いけど。
2017年06月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記
コメント

管理者だけに表示する
«« ひと仕事終える | HOME | 日曜日 »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード