こんな夢を見た

漫画家という仕事柄なのか、時々漫画の登場人物になる夢を見ます。
ちゃんとトーン処理されて、喋るときはフキダシが出てきて。
明らかにこれは自分とは似ても似つかない姿形だけど、
自分の意志で行動しているので自分だと分かる。
このあたりで今自分が夢を見ているとわかってきて、目が覚めます。

というかちょっと専門的な話ですけど、今はグレースケールで入稿しているん
ですよね、現実には。でも夢の中ではいつもアミがかかっている。
現実でもそうした方がいいんでしょうか。うーん…

glayscale.jpg

上がグレースケールで、下がアミかけ(ハーフトーンともいいます)処理したもの。
もちろん作風によりけりなんですけど、俺の場合どっちがいいんでしょうか。

2016年10月24日 | Comments(7) | Trackback(0) | 雑記
コメント
No title
9話、流刑体をなぎ倒す定光よろしく激しい戦闘シーンが始まってワクワクが止まらないですね。新キャラも出てきて世界の謎(というか仕組み?)を解明してくれそうな予感。

中平さん、面白い夢を見られますね。私の個人的な意見ですが、グレースケールの場合は絵の描き込みというか、情報量が少ないと何かのっぺりしていてツルツルな印象になりがちな気がします。

ただ、中平作品みたいにしっかり描き込まれている場合は問題ないのかな、と。取り扱っているものも現代~近未来のSF物主体ですし。中世とか戦国時代の泥臭い戦闘描くならグレースケールじゃない方が良いのかな、とは思いますが。

そういえば定光からドリームバスターへの変化が一番違和感ありましたけど(別に悪い意味ではなくて)、あそこでかなりデジタルへ移行されたんですかね?

最近めっきり寒くなりましたね。私は今回の気候の変わり目にしっかりと風邪をひいてしまいました。もう治りかけですけど。中平さんもお体にはお気を付けくださいませ。
jingle URL 2016年10月25日 18:52:44 編集
No title
ご愛読ありがとうございます。

仰る通りドリームバスターからです。
当時、本誌の方はアミ処理をしていたのですが、
その原稿をそのまま単行本に使うと、どうしても
モアレが出てしまって非常に読みにくかったので
以降本誌も含めてグレースケールでの入稿をしています。
今はちゃんと印刷できると思いますけど。

個人的には画像上は表面が滑らかなもの、
下はザラッとしたものというイメージがあります。
アカイケモノは下のほうが合うかもしれないなと
見た夢からふと感じた次第です。

中平正彦 URL 2016年10月25日 22:24:49 編集
アカイケモノが好き
グレースケールの件は断然上が良いなと思いました

好きな画風でいうと、少年サンデーで新連載が始まった「RYOKO」ってタイトルの漫画が好き
作者が初投稿から1年満たずで連載抜擢らしく年齢も21歳と荒削りながらセンスを感じます
メコンデルタアタック URL 2016年10月28日 18:58:55 編集
No title
とにかく瓦礫の多い作品なので懐古的な見方をすると下なんですけどね~。
東野ぷーる URL 2016年10月29日 10:29:08 編集
No title
メコンデルタアタックさん
ご意見ありがとうございます。
21歳で連載ってすごいですね。
…たぶん今まで経験したことのない
激務だと思うのですが、
頑張って欲しいと思います。

東野ぷーるさん
再三童夢とかAKIRAとか言ってる身としては
アミがいいなとは思います。
WEB連載は閲覧する際のモニタの解像度も
それぞれですから難しいのですけど。
中平正彦 URL 2016年10月29日 15:32:42 編集
No title
昔は神崎先生のところでも
網点レイヤーをマスクで削っていたんですよね。
Xenonは拡大縮小と貼り込みが多かったんで…
効率も考えてかなり早い段階でグレースケールにしたいって
こっちから言いました。
「責任とれるならいいよ」って言われて、
まぁ最悪クビになるだけだしいいやって変えましたね。
半年くらいたってから先生も利点を理解してくれました。

 でも今の若い人にもしソレ聞いたら
質問の意味が分からないと思います(笑)
水天一碧 URL 2016年10月30日 10:38:31 編集
No title
うあ、すげえ手間かけてたんですね。
アミには捨てがたい魅力がありますけど
やはり現状ではグレースケールが一番ですか。

ここで未練がましくこぼしたところで
アカイケモノはこれまでグレースケールで
やってきたので、今さら変えるわけにも
いかないのですけど。
どっか演出のワンポイントで使う可能性が
ある程度でしょうか。
中平正彦 URL 2016年10月30日 12:25:48 編集

管理者だけに表示する
«« 11月 | HOME | 暑かったです »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード