さくらが逝きました

本日午後八時、20年近く俺のそばにいた愛猫
三毛猫のさくらが息を引き取りました。
今はただ、ありがとうという言葉しか浮かびません。

通院や待合室での待機に時間をとったせいもあり、
原稿制作に十分な時間がとれず、連載は今回お休みさせていただこうと思っております。
誠に申し訳ありません。
6月9日追記

上の記事、文章がめちゃくちゃですよね。まあいいか。

火葬を済ませて帰宅したところです。
いつも俺の視界のどこかにいたさくらはもう居ません。
下の記事の茶虎猫のかりんよりちょっと固い、あの毛の感触。
もう二度となでる事ができないのかと思うと辛いです。

でも一番寂しい思いをしているのは子猫の頃からずっと一緒だったかりんの筈。
いつまでも悲しんでは居られませんし
残されたもののためにも頑張っていこうと思います。
2009年06月08日 | Comments(8) | Trackback(0) | 未分類
コメント
ご愁傷様です。
20年!
自分と3歳前後しか違わないんですねぇ・・・
でも人間と猫の肉体的な老化等から考えると何倍も生きた事になるんですね。

ゆっくりと噛み締めてあげて下さい。
白壊 URL 2009年06月09日 01:11:20 編集
No title
さくらちゃんのご冥福をお祈りいたします。
先日、さくらちゃんの具合が悪いとお聞きしてから
まさかの急展開で少々戸惑っております。

>連載は今回お休みさせていただこうと
家族が亡くなったと同じですもの。
ゆっくり休んでさくらちゃんを弔ってあげてください。



翠子 URL 2009年06月09日 06:44:02 編集
No title
さくらちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます
今は、ゆっくりお休み下さい

さくらちゃんは、きっといつまでも先生の側にいますよ
LIN URL 2009年06月09日 21:11:15 編集
No title
御冥福をお祈りします、ゆっくりやすんで供養してあげてください。
waihiro URL 2009年06月13日 14:56:08 編集
No title
一緒に暮らした日々は幸せだったと思います。
さくらさんもきっと感謝していたと思います。

心からご冥福を祈らせて頂きます。
 URL 2009年06月13日 21:36:31 編集
ご冥福をお祈り申し上げます
はじめまして。
ずっとROMってたのですが、猫飼いとして他人事と思えぬ記事に
初コメントさせていただきます。
心よりさくらちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

20年近くって猫としてはかなりのご長寿。
先生がさくらちゃんに溢れんばかりの愛情を
注いでらしたことが伺えます。

余計なお世話ではありますが。
お辛くなったら無理しすぎず、
時が癒してくれるのを待つのもひとつの方法ですよ。
気がついたら良い思い出になってくれてますから。
チコ URL 2009年06月15日 01:03:46 編集
No title
大丈夫、大往生だと思います。
ご冥福をお祈りします。
東野プール URL 2009年06月16日 01:21:17 編集
ありがとうございます
皆さん、温かいお言葉をありがとうございます。

ここ数ヶ月はさくらの世話にかなりの時間を
割いていたせいもあって2~3日は放心状態でしたが、
今は遊び相手の居なくなったかりんの相手をしつつ
原稿制作に精を出しています。

ブログの方も更新頻度をあげていきたいと思っていますので、
何卒宜しくお願いします。
中平正彦 URL 2009年06月16日 03:10:14 編集

管理者だけに表示する
«« 近況報告 | HOME | 間が開いた~ »»

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード